三角
AUTHOR
ジャパン駅伝ツアー
PRアンバサダー

M高史
公式Ameba Blog
BACKNUMBER 過去の特集はこちら
ジャパン駅伝ツアーPRアンバサダーM高史が駅伝の魅力などを語ります!

#10
マラソン走者への駅伝のすすめ

先日、今年8月にロンドンで開催される世界陸上マラソン代表が発表されましたね!!!

<男子>
井上大仁選手(MHPS)
川内優輝選手(埼玉県庁)
中本健太郎選手(安川電機)

<女子>
安藤友香選手(スズキ浜松AC)
清田真央選手(スズキ浜松AC)
重友梨佐選手(天満屋)

男女6名のうち、なんと3名が実業団登録をしていない選手というのも珍しいですね!

実業団登録をしていないと、男子のニューイヤー駅伝、女子のクイーンズ駅伝には出場できません。
駅伝以外の強化スタイルとして注目を浴びました。

ただ、川内優輝選手も市民駅伝をスピード練習の一環として毎年のように出場していますし、 スズキ浜松ACの安藤選手、清田選手も1月の都道府県対抗女子駅伝に静岡県代表として出場しておりますので、
マラソンへ向けたスピード強化の一環で駅伝というのは全選手に共通しているのではないでしょうか。

ジャパン駅伝ツアー2015-2016東京ファイナルより

さぁ、日本代表の話題も盛り上がってきましたが、
ジャパン駅伝ツアーもいよいよ今週末ファイナルを迎えます!

春らしく寒暖差のある日が続いておりますので、体調管理には気をつけたいですね。

ここで普段からマラソンを走っている方が駅伝を走る場合のモチベーション、効果についてお話させていただきます。

<普段からマラソン走っている方が駅伝で活かせるポイント>
  • マラソンで培ったスタミナによりスピード持久力が強化されます。
  • 速いスピードで押していけます。
  • スタミナがついているので、後半も失速せずに粘れます。
<駅伝を走るとこんな効果が!>
  • マラソンのレースよりも速いスピードで走るので1ランク上のスピードが体験できます。 つまり自転車のギアが1段上がったようになります。
  • さらに駅伝でスピードが磨かれるとマラソンのペースが楽に感じるので、
    同じペースでも以前よりも余裕ができ、後半も粘れます。

そして、ランニングを始めたばかりの方にも!
1人でいきなり5km、10km、ハーフ、マラソンと走るのは大変そう・・・
でも、ジャパン駅伝ツアーなら最短距離が2kmの区間もあり、安心!!!

気づいたら仲間に申し込まれてしまっていたという方でも、頑張れば走りきれます!

何よりも個人種目と違って、タスキをもらったり渡したり、
フィニッシュで仲間が待っているので、 ほど良いプレッシャーがかかって参加することができます。
ポイントを意識するだけで、さらにモチベーションを高めることができますね!
大会当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

M高史